余りもので作ったお雑煮が美味しくて驚きました

年が明けてから、牛乳屋さんの配達はありましたが、食品の買い物へはまだ行っていません。本当は七草粥の日ですが、一足早く食べているので 今日の夕ご飯のため残り物の整理をしました。半冷凍室で三が日に食べた残りのカニ、鶏肉、ちくわが有ったのでお雑煮にすることにしました。昆布を敷いてだしを取り鶏肉、ちくわ、人参、ねぎを入れました。今まで一度も雑煮に入れたことのないカボチャを薄めに切って鍋の底に入れました。煮立ってから醤油や酒で味を調え、カニを上に置きました。 餅もフライパンで少し焦げ目がつく程度に焼き外側がコリコリに焼きあがったら鍋に沈めました。 雑煮を盛る漆器の広口椀に盛り上げると元旦のお雑煮よりゴージャスな一品になり、冷蔵庫のかたずけ物の作品とは思えません。 カニは最後に入れているので味出し効果は期待していなかったけれど、醤油を抑えて使ったこともあってかカニの旨みが絡みとても美味しく出来て驚くほどでした。一週間ぶりのお雑煮を堪能出来ました。